フレーム事業部

 この部門では、プレス・切削加工されたメガネ部品を組立・調子取り・検品などの最終仕上げを行っています。

 メガネフレームが完成するまでに必要な工程は200以上にも及び、その約半分はここで行われます。ほとんどが熟練者による手作業で行われており、組立はメッキ上がりの製品にキズをつけないよう細心の注意を払い、調子取りは製品全てが均一になるよう目と手で調整しています。